金銀糸の形状

ひらいと
平糸
 
まるより
丸撚
 
じゃばらより
蛇腹撚
 
はごろもより
羽衣撚
 

たすき撚
 

平  糸 スリット糸。断片が長方形になっている糸。平糸単独で使うより、織物の経糸(たていと)や、撚糸の撚下(よりした:「箔」とも言う)としてよく使用される。平状の形であるため、光沢を求める場合に有効。
丸  撚 芯糸が表から見えないように金・銀の平糸(箔)をビッシリ巻きつけたもの。刺繍糸や帯によく使用される。引張力が強いのも特徴。
蛇腹撚 丸撚と比べ、平糸の間隔をあけて撚り合わせたタイプ。芯糸が表から見えるため、芯糸と平糸との色表現をいかしているのが特徴。丸撚にさらなる光沢表現が欲しい場合に使われるケースが多い。
羽衣撚 レーヨンやナイロン等の糸と、平糸を撚り合わせた糸。編物などによく使用され、キラキラッと光る効果を求める場合に有効。
たすき撚 平糸を芯糸にポリエステルやナイロン糸などをたすき状に撚り合わせた糸。引張力が強い。主に丸編(まるあみ)などに使用され、平面光沢の効果を求める場合に有効。


ウィンドウズXPなどのコンピューターでご覧になる場合は、「ブロックされているコンテンツを許可」していただかないと正常に閉じられない場合があります。

 

お問い合わせ 個人情報について リンクについて 特許一覧