羽衣(はごろも)
芯糸と平糸との色表現を生かした装飾糸

 



各色、500gコーン巻で 販売しております。

羽衣とは撚糸加工の種類の1つで、レーヨンやナイロン等の糸と、平糸を撚り合わせた糸です。

主に編物などによく使用され、キラキラッと光る効果を求める場合に有効です。

平糸・丸撚・蛇腹撚・羽衣撚・たすき撚など、糸の形状について


 

 

右の小さい画像にポインタを合わせると大きな
画像が表示されます。→→→

ウィンドウズXPなどのコンピューターでご覧になる場合は、
ブロックされているコンテンツを許可」していただかないと正常に表示できない場合があります。

 

 

上図は、白い厚紙に糸を何重にも
巻きつけてある状態の写真です。

糸の背景の色・形状により、糸の色目は
かなり変わります。また、光沢は写真では
なかなか表現できませんので、あくまで参考
とお考えください。


サンプルなどのお問い合わせは
コチラ】からお願いします。

NO.1
NO.11
NO.22
NO.37
NO.48
NO.2
NO.12
NO.23
NO.38
NO.49
NO.3
NO.13
NO.24
NO.39
NO.54
NO.4
NO.14
NO.25
NO.40
NO.72
NO.5
NO.15
NO.26
NO.41
NO.422MC
NO.6
NO.17
NO.27
NO.42
NO.640
NO.7
NO.18
NO.28
NO.43
NO.650
NO.8
NO.19
NO.31
NO.44
NO.9
NO.20
NO.33
NO.45
NO.10
NO.21
NO.34
NO.47

HAGOROMO 羽衣(はごろも)

 
種類・切幅
材質
繊度
羽衣撚 (130切使用) ポリエステル55% レーヨン45% 189T(170d)

注:繊度のTは「デシテックス:dtex」、dは「デニール」を表します。
・デニールは、糸の長さ9000mに対し、糸の重さ1gを1デニールとします。
・デシテックスは、糸の長さ10,000mに対して、糸の重さ1gを1デシテックスとします。

注:切(キリ)は金銀糸(ラメ糸)の平糸の太さ(スリット、切断巾)の単位です。
  1寸(30.3mm)を何等分したかでサイズを表します。
  例)200切は1寸を200等分したサイズ (30.3÷200=0.15mm)
   130切は「0.23mm」
    80切は「0.38mm」

 

戻る
お問い合わせ 個人情報について リンクについて 特許一覧